パスワードを忘れた? アカウント作成
14093275 story
アメリカ合衆国

FBIはすでに自力でiPhoneのロック解除が可能、しかし政治的・コスト的な理由でAppleに解除を求める 12

ストーリー by hylom
そんな状況に 部門より

Anonymous Coward曰く、

FBIはiPhoneのロックを所有者に無断で解除する技術をすでに持っているとされている。しかし、2019年12月6日に米フロリダ州で発生した米軍基地銃撃事件においては、FBIや司法長官が容疑者が所有するiPhoneのロック解除をAppleに依頼する事態となった。自前でロックを解除できるにも関わらずFBIがAppleにロック解除を依頼したのは、政治的な理由とコスト的な理由があるのではないかと見られている(BloombergEngadget日本版朝日新聞Slashdot)。

政治的な理由としては、Appleなどのハイテク企業に対し、「バックドア」の設置を求める法律を推進するためではないかとされている。また、ロック解除ツールはOSが更新されると使えなくなる可能性があるため、OSの更新ごとにメーカーに多額の支払いを行う必要があるという。

なお、Appleはフロリダ州海軍基地で昨年12月6日に発生したテロ事件に関するFBIの捜査には協力していると発表しており、容疑者のアカウントやiCloudのバックアップ、取引情報などを当局に提出したという(Bloomberg)。

  • by Anonymous Coward on 2020年01月22日 10時01分 (#3749027)

    無責任にバックドアつけろと要求しといて、悪用されたら何も補償する気ないんでしょ?
    そりゃ悪用されて責められるのは自分らなんだからAppleだってバックドアつけたかないし、つけないのは正しい判断だよ。
    情報が脳にあってもスマホにあっても見るのか難しいのは一緒。
    楽しようとしないで地道に捜査して、それでも必要ならコストかけてこじ開ければいいんじゃね?

    ここに返信
    • ふつうにセキュリティホールが見つかって悪用されても、別にメーカーは補償なんかしないんだから、たいして変わらん気はするな。w

      もしバックドア必須を法律で要求するのなら、バックドアからの正当なアクセスは、たとえ悪用であってもメーカーの責任を免除するようにしたらまあ五分五分?

    • by Anonymous Coward

      という恐怖を煽ってテロへの警戒の目をそらさせるのがテロリストのやり口

      • by Anonymous Coward

        という恐怖を煽って政府への警戒の目をそらさせるのが国家権力のやり口

        これよく調教されてる日本人には特に有効なやり口です。

        • by Anonymous Coward

          という恐怖を煽って民主国家を打倒しようとするアカのやり口

          • by Anonymous Coward

            ええっと、民主主義を守るための国民に課された不断の義務だよな?

    • by Anonymous Coward

      脳にある情報を抜く技術は、表向きはともかく政府機関は持ってる気がする。拷問とか。
      スマホのロック解除のほうが難易度高そう。

      • by Anonymous Coward

        その観点なら、犯罪等に対する取り調べも公共の福祉には一役買っていますけどね。

    • by Anonymous Coward

      TSAロック [wikipedia.org]みたいなメリット(鞄を壊されない)もないしねぇ。

  • by Anonymous Coward on 2020年01月22日 11時19分 (#3749076)

    iOSは無理としても、Androidあたりだったら
    OSS使って私製のセキュアなOSが出てきたりして
    そしてまた作成者を政府は血眼で

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      セキュリティと自由の為にと延々とフォークしまくる名称不詳のOSが出てきたりしてな。
      でも問題として、新しい方のOSの名前を毎回変更するとかしないといけないので、人々は覚え辛いだろうな。

  • by Anonymous Coward on 2020年01月22日 21時34分 (#3749475)

    安心して使えるスマホOSは無いのかね。暗号化周りがどうも不安

    ここに返信
typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...