パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Apple、サードパーティーのiPhone修理業者が正規サービスプロバイダーと同等のサービス提供を可能にする新修理プログラムを発表」記事へのコメント

  • 既報ではAppleの純正品を使用しても正規のバッテリーかどうかを確認できないと表示され、健康状態は表示されない [apple.srad.jp]とのことだったけれども、

    Apple正規サービスプロバイダー(AASP)以外のiPhone修理業者も純正部品などを入手可能にする、新修理プログラム

    というのが今回からの施行だとしたら、以前のストーリで「純正品を使用した」という主張がそもそも嘘(横流しとか別ルートで入手は純正品とは言わない)なので、サードパーティの信用度は低くなるなぁ。

    • それは2台のiPhoneのバッテリーを相互に入れ替えたという話です。

      • by Anonymous Coward

        中古品の共食い整備でエラーが出た、というストーリーだったのか。
        そうは読み取れませんでした。失礼しました。

        まあでも純正品でも新品じゃないし、修理部品ではないので、ミスリードを狙っていると感じますし、その点でサードパーティの信用度は回復しないですね。

        • 非難されてるポイントをいまいち掴みそこねてる感。非純正部品を検知しているのではなくて、バッテリの製造番号が変わった後で新構成の登録作業が行われないと非純正修理が行われた、としてハネてるんだと思います。

          既にTouch IDやFace IDにおいて、認証センサーを交換した後は必ず、Apple Storeや認定業者にしか貸し出されない特殊な装置で登録作業をしないと生体認証が作動しないという設計が取られています。この「上納金を収めない修理業者や利用者の端末に対して、機能を制限する」という行為が非難の対象になっています。

          生体認証については、攻撃者を通す不正な偽部品が使われるかもしれず、Apple Storeの信頼された作業者が構成を確認して登録すればその心配がない、という説明は可能です。ただ納得は得られていませんし、バッテリに対しても通用しませんからふたたび揉めている状況かと思います。

          親コメント

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

処理中...