パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Apple、サードパーティーのiPhone修理業者が正規サービスプロバイダーと同等のサービス提供を可能にする新修理プログラムを発表」記事へのコメント

  • 既報ではAppleの純正品を使用しても正規のバッテリーかどうかを確認できないと表示され、健康状態は表示されない [apple.srad.jp]とのことだったけれども、

    Apple正規サービスプロバイダー(AASP)以外のiPhone修理業者も純正部品などを入手可能にする、新修理プログラム

    というのが今回からの施行だとしたら、以前のストーリで「純正品を使用した」という主張がそもそも嘘(横流しとか別ルートで入手は純正品とは言わない)なので、サードパーティの信用度は低くなるなぁ。

    • by Anonymous Coward

      パーツの製造者がサードパーティーに販売すればAppleのプログラムを使わずとも入手できるし、そうして流通した物もAppleから委託された正規の製造者がAppleの規格に沿って製造し要求品質を満たしていれば、パーツとしては「純正品」です。
      安全性を含む所定のスペックを満たしているなら、流通経路は関係ありません。流通経路の違いを示す言葉は「リテール」「バルク」「横流し品」「盗品」です。
      例えば、Appleの都合で最終製品(iPhone)の生産計画が縮小されてしまい、パーツが余って製造者側に在庫として残ったものを正規のルート以外に販売していれば「純正品」の「横流し品」です。

      • by Anonymous Coward

        メーカーが規定した方法で売れば正規品、それ以外は非正規品。
        と言う事だと思います。

        パーツ製造者の製品が幾らアップルの規格に沿って製造し要求品質を満たしていたとしても
        アップルの許可を得を得ずに売れば“パーツとしても非正規品”ですよ。

人生unstable -- あるハッカー

処理中...