パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

プロセッサの表面を削って固有IDを読み取ればiPhoneのロックは解除できるという話」記事へのコメント

  • 自分暗号に詳しくないので的外れかも知れないが

    > UIDがわかればスーパーコンピューターなどを使用して総当たりでパスコードを試すことが可能となる

    そもそも回数制限があってたった4桁のパスコードの総当りができないから困ってるんじゃなかった?
    スパコンを駆使しても絞込が出来る程度で1個に特定できないのなら、解除したことにならない気が。
    これはスパコンで検索かければ1個のパスコードを抽出できるんだ、ということでいいの?

    • やっぱよくわからない。

      UIDというのは機械(SIM?)の製造時管理されてるものだから、Appleは提供できることでは?
      でもFBIに対しては「できねえ」と言った。

      これはスパコンで解析すればという前提がなかったのか。
      まあiPhone1台につきスパコン占有で何ヶ月もかかるようなら、
      そんなの求めてねえとFBIは言うであろう。

      • by Anonymous Coward on 2016年03月11日 14時22分 (#2978951)

        4桁だか6桁だかのパスコード + OSに保存されてるシード値 + 製造時に書き込まれるユニークなUID/シード値を、SoC上の乱数発生器にかけて、出力された値を暗号化キーにしてるんでしょ。
        製造番号はトレーサビリティの観点から台帳を作って管理することが望ましいけど、暗号化にしか使わないシード値についてはSoC外に存在するのはリスクでしかないから、製造番号から
        生成はしても推測はできないようになっていて、書き込み後は破棄しているんじゃないの?

        だから、SoCに対してパスコードの番号空間分の回数の試行を打つか、SoCを分解してシード値を読み出すか、何百ビットの十分な強度を持つ暗号化キーを総当たりするかしかないはず。
        元が4桁数字のパスコードなら、何百ビットのうち当該のシード値と組み合わせた場合に有効なのは10^4個しかないけど、シード値が不明ならどの組み合わせが有効かはわからないから、空間を絞ることはできないんだろうな。

        親コメント

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

処理中...