パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Apple ][のDOSのソースコードが公開される」記事へのコメント

  • 汎用ロジック+プログラムでフロッピーディスクに読み書きをすると言う点じゃないかと。
    アセンブラバリバリで、この命令が〇クロックで動くから、ああしてこうしてという職人芸のソースコードなのでしょう。

    実際、Apple ][のゲーム等でプロテクトがかけられたとき、解析の糸口として使いまわされるリードルーチンを探してから解析したと聞いてます(………つまり、難読化をしてなかったわけだな)。

    • アセンブラバリバリで、この命令が〇クロックで動くから、ああしてこうしてという職人芸のソースコードなのでしょう。

      職人技でも何でも無い普通のコードでしょう. と感じるのが当時の一般的なプログラマのレベルだと思います. クロック数をちゃんと数えないと, 処理が間にあうかどうか分からない, ハードリアルタイム処理に近いことが要求されていましたし, 信号線や間に入るロジック回路の延停を考慮してNOP命令を入れるなんてことも.

      ましてや難読化なんて実行性能や使用メモリ容量に悪影響を及ぼすことは全くのナンセンス. 自己改変コードも, シングルスレッド前提でリエントラントは考慮しなくていいし, 組み込み用途みたいに明確にROMのコード領域とRAMのデータ領域が分かれていなければ使うのが当然というところがありました.

      まあ, それもコードの規模が小さいから出来たことでしょうけど.

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        いや、当時すでに8ビット機でもディスク周りはある程度インテリジェント化され、apple2のような
        バカなデバイス設計は、時代遅れと言うか珍しいと言うか頑固と言うか独特と言うか、そんな感じだった。
        (まあ、あのころはどのマシンも独特だけど)

        だから、CPU側でプログラミングでディスクへの書き込みタイミングをいじれるので、
        すなわちこのDOSに頼らずにかなりのことができるので、
        プロテクトに使いやすく、そんな技が結構あったと聞いている(僕はappleの解析はやったことないので伝聞)

        「アセンブラバリバリ」が当時としては当然で、職人芸でもなんでもないのには同意。

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...