パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

iTunes Storeでの不正請求問題、消費者庁が公開質問状を出す 」記事へのコメント

  • iTUNES STORE - サービス規約 (スコア:2, おもしろおかしい)

    by patagon (1453) on 2010年02月19日 12時39分 (#1720771) 日記

    iTUNES STORE - サービス規約 [apple.com]
    8. ユーザアカウントおよびセキュリティ

    a. アカウントおよびパスワード  本サービスの登録ユーザとして、お客様は、アカウント(以下「アカウント」といいます)を作成または設定することができます。お客様には、ご自身の責任により、ご自身のアカウントの秘密性およびセキュリティを維持していただきます。お客様は、ご自身のアカウント情報を他人に開示したり、他人のアカウントを使用したりしてはいけません。お客様には、ご自身のアカウントにおいて、またはそれを通して行なわれるすべての行為に対し一切の責任を負っていただくものとし、かつお客様は、アイチューンズに対し、お客様のアカウントの不正使用またはその他のセキュリティ違反を直ちに通知いただくことに同意されたものとします。アイチューンズは、お客様のアカウントの不正使用により生じるいかなる損失について、一切責任を負わないものとします。

    • 消費者契約法 (スコア:3, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2010年02月19日 17時27分 (#1720932)

      (事業者の損害賠償の責任を免除する条項の無効)

      第八条 次に掲げる消費者契約の条項は、無効とする。

       一 事業者の債務不履行により消費者に生じた損害を賠償する責任の全部を免除する条項

       二 事業者の債務不履行(当該事業者、その代表者又はその使用する者の故意又は重大な過失によるものに限る。)により消費者に生じた損害を賠償する責任の一部を免除する条項

       三 消費者契約における事業者の債務の履行に際してされた当該事業者の不法行為により消費者に生じた損害を賠償する民法の規定による責任の全部を免除する条項

       四 消費者契約における事業者の債務の履行に際してされた当該事業者の不法行為(当該事業者、その代表者又はその使用する者の故意又は重大な過失によるものに限る。)により消費者に生じた損害を賠償する民法の規定による責任の一部を免除する条項

       五 消費者契約が有償契約である場合において、当該消費者契約の目的物に隠れた瑕疵があるとき(当該消費者契約が請負契約である場合には、当該消費者契約の仕事の目的物に瑕疵があるとき。次項において同じ。)に、当該瑕疵により消費者に生じた損害を賠償する事業者の責任の全部を免除する条項

      (消費者の利益を一方的に害する条項の無効)

      第十条 民法、商法その他の法律の公の秩序に関しない規定の適用による場合に比し、消費者の権利を制限し、又は消費者の義務を加重する消費者契約の条項であって、民法第一条第二項に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする。

      親コメント
      • Re:消費者契約法 (スコア:1, 参考になる)

        by Anonymous Coward on 2010年02月19日 21時17分 (#1721041)
        「事業者の債務不履行」ではないので、一、二は当てはまらない。
        「当該事業者の不法行為」ではないので、三も四もあてはまらない
        「目的物に隠れた瑕疵があるとき」でもないので五も当てはまらない。

        iTunes システムがクラックされた。のであれば五に該当しそうですが、
        脆弱なパスワードやメールアドレス/パスワードの使い回しによるアカウント乗っ取りだとしたら
        消費者契約法第八条のどれにも当てはまりませんね。
        親コメント
        • Re:消費者契約法 (スコア:2, 参考になる)

          by Anonymous Coward on 2010年02月19日 21時38分 (#1721050)

          いやいやそっちじゃなくて10条ですよ。

          第十条 民法、商法その他の法律の公の秩序に関しない規定の適用による場合に比し、消費者の権利を制限し、又は消費者の義務を加重する消費者契約の条項であって、民法第一条第二項に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする。

          親コメント
          • by Anonymous Coward
            それは#1720932の最後にもちゃんと貼ってるんですが、無視されて都合のいいところだけに反論されちゃったんですよぅ。
        • by Anonymous Coward
          > 脆弱なパスワードやメールアドレス/パスワードの使い回しによるアカウント乗っ取りだとしたら

          アイチューンズは、まさにこれを明らかにせねばなりません。
        • by Anonymous Coward
          >「事業者の債務不履行」ではないので、一、二は当てはまらない。

          事業者の債務不履行ですよね。

          購入していないものの代金を引き落としているわけです。
          ユーザの手元には代金と交換されるべき商品が手元に無いので、
          債務は履行されていません。

          また、この問題に対する適切なカスタマーサポートを提供するという債務も
          ほとんど履行していないようです。

          > 「当該事業者の不法行為」ではないので、三も四もあてはまらない

          これは、まだわかりません。
          アイチューンズが何も情報を明らかにしないため、当該事業者による
          不法行為なのか、第三者による不法行為なのか不明です。
          アイチューンズが調査し
    • アカウント流出や、iTunesの不具合でアカウントがハックされた場合であれば、こんな規約で免責はできない。
      とにかく原因や被害者への対応を報告しろってことだよ。
      うちで調べたけど流出してないから客が悪いにきまってる、じゃあ話にならない。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        >アカウント流出や、iTunesの不具合でアカウントがハックされた場合であれば、こんな規約で免責はできない。
        訴えられたら先ずAppleは負けるから確かにそうなんだ。
        が、そう書くことにより泣き寝入りしてしまう人間が出るのもまた確かな事なんで、
        こんなアバウトでムチャな規定であっても、会社の負荷を減らす役には立つ。

        免責できないのを承知の上でこういう書き方をするってのは、相当悪質だ。

    • by colorless (35494) on 2010年02月19日 20時37分 (#1721024) 日記
      こんな内容もありますよ。

      18. 保証の排除、責任の制限

      d. アイチューンズは、本サービスに関してお客様が提出された情報を保護するために合理的な努力を払いますが、お客様は、ご自身の責任により当該情報を提出していただくことに了解し、同意されたものとし、アイチューンズは、当該情報に関する損失または不利益についてお客様に対し一切責任を負いません。

      e. アイチューンズは、本サービスに損失、不正行為、攻撃、ウィルス、障害、ハッキング、その他セキュリティ侵入がないことを表明または保証せず、また、アイチューンズは、これらに関し一切責任を負いません。お客様は、ご自身の責任において、システム内に蓄積されたiTunes Storeよりご購入いただいた商品を含む、システムのバックアップを行ってください。

      # 日記 [srad.jp]でも同じような事書いたけど。

      --
      答えはある。それを見つける能力が無いだけだ。
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      >アイチューンズは、お客様のアカウントの不正使用により生じるいかなる損失について、一切責任を負わないものとします。

      この規約はすばらしいね。
      ネトゲ会社なんかは取り入れるべきだと思う。俺も使おう。

人生unstable -- あるハッカー

処理中...